読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン・セブで英語留学!「CROSS × ROAD」ブログ

フィリピン・セブ駐在スタッフが最新セブ情報や留学情報を随時更新中♪

セブ・マクタン島からアクセス良好!ローカルな雰囲気が魅力のオランゴ島!!

セブ島の観光

どうも!

CROSSxROAD」インターンのりゅうじです!!

 

今年も残すところ約2週間ほどとなりましたね。

日本は例年より早く雪が降ったりと季節は冬になっていますね。

こちらは常夏なので12月でも海とかプールとか行きたくなっちゃいます!

 

さてさて普段は部屋に引きこもっている僕ですが、この前の休日に生徒のみなさんと一緒に「オランゴ島」というところに行ってきたので、ご紹介しようと思います。

 

【オランゴ島/Olango island

f:id:crossxroadBlog:20161216100548j:plain

 

僕がオランゴ島をオススメする理由

 

①セブ市内からのアクセスが良好!

セブ・マクタン島から定期便が出ているので船をチャーターしたり、交渉する必要がないです。

また港から20分と距離も近いので、日帰りに最適です。

 

②シュノーケリングやダイビングなどのマリンアクティビティが豊富!

まさにセブのイメージである「海」にぴったりのロケーションです。

機材はレンタルがあるので手ぶらで大丈夫です。

 

③島の人々がとても親切!

島はローカルな雰囲気で時間がゆっくり流れているような感じです。

人々はとてもフレンドリィで、手を振れば満面の笑みで振り返してくれます!

 

といったところです。

 

 

オランゴ島までの行き方

 

①船が出ている港まで行く

タクシーに乗って「ヒルトンポート」という港まで行きます。

運転手にはそのままヒルトンポート伝えれば大丈夫です。

 

 

②定期便のチケットを買う

f:id:crossxroadBlog:20161216100645j:plain

ここの受付でチケットを購入できます。

オランゴ島までは片道15ペソ(40)と激安です!

購入後、港使用料として5ペソ支払い入港します。

f:id:crossxroadBlog:20161216100835j:plain

 

③船に乗る

オランゴ島への定期便は30分に1本の間隔で出ています。

港には個人の船やアイランドホッピングの船もありますので確認しましょう。

20分ほどの船旅を楽しみます

f:id:crossxroadBlog:20161216100735j:plain

こんな感じの船です。

 

 

オランゴ島に着いてからはトライシクルをチャーターしましょう。

どこへ行くにも120ペソ(300)で行ってくれます。

16人まで乗れますので、人数で割りましょう。

1日チャーターする場合は500ペソを相場で考えるといいと思います。

 

 

 

オランゴ島のオススメスポット!!

 

①タリマリゾート

入場料250ペソで

・プライベートビーチ

・シュノーケリング(レンタル料込)

・屋外プール

・ハンモック&ベッド

を自由に使えます。

貸してくれる場所にもよりますが、値段の割にかなり充実していると思います。

僕が借りたところはビリヤード台があってかなり遊びました。

レストランも併設していて、ゆっくりまったり過ごすには最適の場所です!

 

 

②シャララビーチ

まるで死海?とも言われているシャララビーチは、塩分濃度がとても高く簡単に浮くことができます。

午前中の引き潮の時に行ったためかとても浅く、向こう岸のマングローブまで徒歩で行けました。

入場料25ペソです。コテージを使うなら400ペソです。

荷物だけなら自由においていいよと言われたので、結構自由に使わせてもらいました。

やっぱりオランゴ島の人は親切です!

f:id:crossxroadBlog:20161216101119j:plain

 

③マリンサンクチュアリ

まるであのウユニ塩湖のような景色の鏡張りが楽しめます!

時期や天候などかなり運要素が強いですが、もし見れたら絶景なんでしょう。

たくさんの魚がいるので、シュノーケリングを楽しむのにベストな場所です!

長い桟橋を渡り、海に浮かぶロッジを目指します。

そこから海に入り徒歩でシュノーケリングポイントまで行きます。

遠浅の海なので沖までなかなか距離がありますが、潜りながら行くとたくさんの魚に会えるので飽きることはないでしょう。

入場料75ペソ、シュノーケリングレンタル100ペソです。

珊瑚や岩が多いのでマリンシューズがあるとより楽しめると思います。

 

 

④フローティングレストラン

f:id:crossxroadBlog:20161216101156j:plain

島に浮かぶ4つのレストランです。

僕は「ARNOLD&CANDIE」というレストランに行きました。(青い屋根のレストラン)

まず新鮮な魚介類を選んで、トータルいくらっていう料金体系でした。

ここは観光地価格なので値段交渉は大事かと思います。

 

参考までに

2匹、エビ10匹、イカ2杯に人数分のガーリックライスで4000ペソでした。

これにあとドリンク代で、5000ペソほどです。

メニューがないのでこれはいくら?と毎回確認しましょう。

f:id:crossxroadBlog:20161216101228j:plain

 

 

 

 

セブ市内からアクセスも良好で、値段もそこまで高くなく、気軽に遊びに行けるオランゴ島。

ローカルな雰囲気を楽しみながらゆっくりしたり、シュノーケリングなどマリンアクティビティを楽しむには最適な場所だと思います。

是非ともこの週末、気軽に足を運んでみてはいかかでしょうか!! 

 

 

 

 

 

では、またっ!!