フィリピン・セブで英語留学!「CROSS × ROAD」ブログ

フィリピン・セブ駐在スタッフが最新セブ情報や留学情報を随時更新中♪

レオナルド・デカプリオから英話を学ぶ会

こんにちは!インターンのけいたろうです!

 

先日、スタッフのけんちゃんが、

 

「このスピーチで、ファンが100万人くらい増えたと思うくらいカッコイイ!」

 

と絶賛する、レオナルド・デカプリオのスピーチを使って勉強会を開催しました。 

 

そこで、今回はけんちゃんが開催してくれた「レオナルド・デカプリオから英語を学ぶ会」について書きます!

 

 

 

テーマ:レオナルド・デカプリオから英語を学ぶ会

f:id:crossxroadBlog:20171019130242p:plain

 

 

けんちゃんとは? | ABOUT KEN-CHAN

f:id:crossxroadBlog:20171019185044j:plain

 

けんちゃんは、お菓子と英語が大好きな、当校自慢のスタッフです!

 

ちなみに、どれくらい英語が好きかというと、TED翻訳チーム Open Translation Projectに所属して翻訳活動を続ける傍らで、アメリカのラジオ局 Unger Broadcasting Radio Networkで自身の番組のパーソナリティーとしても活躍しちゃうくらいです!

 

ぼくは彼と喋る度に、英語学習に対するモチベーションを上げてもらっています!

 

 

レオナルド・デカプリオのスピーチ

勉強会は以下のように進めました!

 

勉強会に参加したつもりで、読み進めながら試してみてください!

 

 

STEP 1

まずは、この動画を見ます (スピーチは2:00あたりから始まります)。

 


Leonardo DiCaprio winning Best Actor

 

このスピーチは、レオナルド・デカプリオが2016年にオスカー賞を受賞した際のものです。

 

みなさん、聞き取れて、内容を理解することができましたか?

 

正直、この段階では、ぼくには難しくてできませんでした (汗)。

 

 

STEP 2

次に、以下のスクリプトを5分以内で読みます。

 

その後、スクリプトを見ながら、スピーチを聞きます。

 

Thank you all so very much. Thank you to the Academy, thank you to all of you in this room. I have to congratulate the other incredible nominees this year for their unbelievable performances. The Revenant was the product of the tireless efforts of an unbelievable cast and crew I got to work alongside. First off, to my brother in this endeavor, Mr. Tom Hardy. Tom, your fierce talent on screen can only be surpassed by your friendship off screen. To Mr. Alejandro Innaritu, as the history of cinema unfolds, you have forged your way into history these past 2 years... thank you for creating a transcendent cinematic experience. Thank you to everybody at Fox and New Regency…my entire team. I have to thank everyone from the very onset of my career…to Mr. Jones for casting me in my first film to Mr. Scorsese for teaching me so much about the cinematic art form. To my parents, none of this would be possible without you. And to my friends, I love you dearly, you know who you are. And lastly I just want to say this: Making The Revenant was about man's relationship to the natural world. A world that we collectively felt in 2015 as the hottest year in recorded history. Our production needed to move to the southern tip of this planet just to be able to find snow. Climate change is real, it is happening right now. It is the most urgent threat facing our entire species, and we need to work collectively together and stop procrastinating. We need to support leaders around the world who do not speak for the big polluters, but who speak for all of humanity, for the indigenous people of the world, for the billions and billions of underprivileged people out there who would be most affected by this. For our children’s children, and for those people out there whose voices have been drowned out by the politics of greed. I thank you all for this amazing award tonight. Let us not take this planet for granted. I do not take tonight for granted. Thank you so very much.

 

STEP 3

次は、3分以内でスクリプト中にある意味の分からなかった単語にチェックを入れます。

 

入れ終わったら、以下の単語訳を見ながら、スクリプトを3分以内に読み直し、内容を理解します。

 

Academy:協会 / Congratulate:〔人に〕祝辞[祝いの言葉]を述べる / Incredible:信じられない[信じ難い]ほど素晴らしい / Nominees:候補に指名された人 / Unbelievable:信じられない[信じ難い]ほど素晴らしい / Performances:功績 / Tireless:不断の / Alongside:~と一緒に / First off:最初に / Endeavor:努力 / Fierce:熱烈な / Surpass:~を上回る / Unfold:明らかにする / Forge:少しずつ[ゆっくり]前進する / Transcendent:ずばぬけた / Cinematic:映画の / Entire:全体の / Onset:始まり / Cast:キャスティングする / Dearly:心から / Lastly:最後に / Collectively:集合的に / Urgent:差し迫った / Threat:危険な存在 / Species:人類 / Procrastinate:ぐずぐずと先延ばしにする / Polluters:公害をもたらす[引き起こす・生み出す]人[組織Humanity]人類 / Indigenous:先住の / Underprivileged:〔社会的に〕恵まれない / Affect:~に影響を与える[及ぼす] / drown out:希望などを消し去る / politics:政治 / greed:強欲 / take ~ for granted:~を当然[当たり前・もちろんのこと・常識・無論のこと]と考える

 

その後、スクリプトを見ながら、スピーチを聞きます。

 

 

STEP 4

以下の和訳を読んだ後、もう一度、スクリプトを見ながら、スピーチを聞きます。

 

皆様、本当にありがとうございます。アカデミーに感謝します。今ここにいらっしゃる皆様に感謝します。他のノミネートの方も、本当に信じられない、素晴らしい演技を見せてくれました。レヴェナントは、信じられないキャスト、スタッフが作り上げた成果です。(助演の)トム・ハーディ、兄弟としてこの作品に取り組んでくれました。素晴らしい才能を見せてくれました。しかし、それを上回るのはあなたとの友情です。イニャリトゥ監督、あなたはこの2年間で映画の歴史を切り開きました。時代を超越する作品を作りました。フォックス、リージェンシー(配給会社、製作会社)、チームのみんなにケイトン・ジョーンズ、最初の映画で私をキャスティングしてくれた人です。それからマーティン・スコセッシ監督、映画について色んなことを教えてくれました。リッキー・オーム、映画業界のことを色々教えてくれました。そして、僕をナビゲートしてくれた両親に感謝します。レヴェナントというのは、人間と自然界を描いた作品です。2015年、地球の気温は歴史上最も上昇しました。南極に行かないと生きていけないくらい。気候変動は、本当に起きてます!これは人類に対する、最も切迫した問題です。我々はこの問題を先延ばしすることなく、行動を起こす必要があります。各国の指導者たちをサポートしなくてはなりません。 人類を代表する者へ、先住民を代表するへ、恵まれない人たちへ そして、子供達の子供達のために働く政治家達をサポートしなければなりません。強欲の政治家から、地球を救わなければなりません。今回獲得した賞は大変素晴らしい。でも今夜起こったことが当たり前だとは思わない。

 

 

STEP 1のときよりも、スピーチが聞き取れるようになりましたか?

 

ぼくは、各STEPを経るたびにスピーチが聞き取れるようになり、内容が理解できる感じがしました!

 

そして、内容を理解したあとにこのスピーチを聞くと、より一層、「レオナルド・デカプリオ、かっこいいな〜」ってなりました!

 

 

英語学習で大切なこと

f:id:crossxroadBlog:20171020145246j:plain

 

この勉強会を通して、けんちゃんが英語学習で大事なことを教えてくれました!

 

単語数を増やす

当たり前のことなんですが、単語がわからなければ聞き取ることや、内容を理解することができません。

 

しかし、単語がわかるだけで、英会話中の理解度がぐっと増します (STEP 3で実感できたかと思います)。

 

なので、単語数を増やすことは重要です。

 

迷うことなく、とにかく取り組むことが大事。

 

 

文法を理解していること

自分が喋るときは、簡単な文法だけでも意思を伝えることができます。

 

しかし、ネイティブの会話を聞き、すぐに理解するためにはある程度の文法を知っている必要があります。

 

「単語力を増やす」ことと同様に、迷うことなく、とにかく取り組むことが大事。

 

 

背景知識があること

英語学習と関係無いと思うかもしれませんが、世の中や、自分自身について、深く掘り下げておくことは重要です。

 

日本語でいいから、様々なことにおいて基礎知識を増やすべきとのこと。

 

なぜなら、特定の分野の話になった際、その背景や固有名詞を知っているだけで、会話の理解度が増すからです。

 

今回の場合、レオナルド・デカプリオが環境問題について色々と活動していることを知っているのと、知らないのでは、初めてスピーチを聞いたときの理解度は大きく異なると思います。

 

また、ある出来事に関して会話をする際、そのことを知っていて、自分なりの意見を持っておくことで、簡単な英会話しかできなくても、同じ英語レベルで知識や意見の無い人よりも、深い議論ができるのです。

 

 

そして、理想のモデルがあること良いとのこと。

 

理想のモデルがレオナルド・デカプリオだとすると、

 

「英語を覚えて、いろんなことに使いたい」

 

よりも、

 

「レオナルド・デカプリオが好き。彼のことをもっと知るために、英語を勉強する」

 

の方が、楽しく学習できるし、覚えも早いとのこと。

 

 

とりあえず、今、ぼくはレオナルド・デカプリオみたいに喋れるようになりたいし、

 

I do not take tonight for granted. / 今夜起こったことが当たり前だとは思わない。

 

この表現がかっこよすぎて、友人との会話で使いたくてたまりません。笑

 

 

最後に、、、

けんちゃんが、「英語力を身に付けたいと思っているのに上手くいかない人」に向けて書いた記事がこちら。

 

beyondtheborder.jp

 

ぜひ、チェックしてみてください!:-)

 

第36回 CxRワークショップ「人に感謝しよう!ヒッチハイクから学ぶ"恩送り"とは?」

どーもインターンのMAOです。クロスロードのインターンでもあるYuya君がワークショップを開催してくれました。

 

YUYAとは

f:id:crossxroadBlog:20171012121724j:plain

現在27歳の独身でクロスロードでインターンをやっています。

高専にて建築を学び、ゼネコン現場監督として働いていました。

後に退職し、ヒッチハイクで日本一周、クロスロードに3ヶ月間留学します。

その後今度は拠点を海外に移してヒッチハイク。

今回のワークショップのテーマは彼にとっても大きい経験となったヒッチハイクについてです。

 

ヒッチハイクを始めたきっかけ

Yuya君が始めたきっかけは、宿で出会ったヒッチハイクをしていた女性との出会い。

それまでは言葉だけは知っていたものの、彼にとってヒッチハイクは身近なものではなかった。

そしてその方に刺激を受けて行動を起こしたのが始まりだったそうです。

 

周った経路

f:id:crossxroadBlog:20171010102533j:plain

f:id:crossxroadBlog:20171010102605j:plain

f:id:crossxroadBlog:20171010102618j:plain

日本一周をした後に留学を挟んで海外でもヒッチハイクをしたようです。

これは一つの体験談ですが、欧米を周っていた時にドライバーから言われた一言。

 

「何故皆通り過ぎているか分かるか?それはお前がアジア人だからだ」

こういう経験はアジアを出てこないと出来ないものです。

日本とのヒッチハイクの違いはこういうところに表れてきたようです。

 

 

 

ヒッチハイクの魅力

・人との出会い

・ワクワクドキドキを味わえる

・コミュニケーション能力、語学力の向上

・情報が得られる、知識が身につく

・助け合いの精神を持つようになる

 

 

f:id:crossxroadBlog:20171010105740j:plain

ヒッチハイクを続けているとYuya君は多くの面白い人たちに出会いました。大統領SPから忙しそうな世界中を飛び回る輸入業者など。最後のタクシードライバーに関しては、最初は無料と言われて疑っていたが、どうやら自宅に帰る途中で無料で乗せてくれたそうです。これぞドキドキの瞬間ですね。

 

 

英語が出来ない人達との出会い

f:id:crossxroadBlog:20171010112401j:plain

Yuya君がお世話になったお宅のファミリーとは、あまり深くコミュニケーションを取ることが出来なかったそうです。それにも関わらず、そのファミリーは泊まる場所と盛大な食事を用意してくたそうです。

 

f:id:crossxroadBlog:20171010112422j:plain

もう一つの出会いはスペイン語しか話せない二人組との出会い。その二人は小さな軽食屋に連れてってくれて、ご飯とお酒をご馳走してくれたそうです。

そして右下に見えている笛をお土産にと最後にくれました。

 

 

f:id:crossxroadBlog:20171010105750j:plain

何故見ず知らずの人にここまで出来るのかいうほど親切にしてくれたそうです。

この経験でYuya君は本当に彼らに感謝したそうです。

感謝をテーマに皆でディスカッションもしました。

 

 

 

ヒッチハイクから学ぶ恩送り

f:id:crossxroadBlog:20171010105756j:plain

Yuya君がヒッチハイクをしていて感じたのは、もちろん感謝の気持ちは伝えるが、人から貰ったものを返すチャンスがなかったりする。

例え返せなくても大切なのは、その貰ったものをまた別の誰かに送ること。

そしてそういった恩を繋げていくと、恩が循環して素敵な世界になる。

貰ったものをその人に返してもその二人のみで完結してしまうが、完結させずに循環させて繋げていくことで世界がいい方向にいくのではと考えているそうです。

 

最後に

f:id:crossxroadBlog:20171012121719j:plain

Yuya君は最初ヒッチハイクに対して出来るか不安ではあったが、意外とやってみれば出来るものとのこと。

そういった自分がやりたいことに対してチャレンジしていくことが大事とという事を経験から学びました。

僕らも何に対してもチャレンジ精神を持って向かっていきたいですね!!

第35回 CxRワークショップ「HAPPY WORKSHOP」

こんにちは!インターンのけいたろうです!

 

気が付けばもう10月!日本では「食欲の秋」ですね!

 

ちなみに、ぼくは「食べること」が大好きです。

 

特に、炊きたての新米を食べているとき、幸せを感じます。

 

みなさんは、どんなものを食べているときに幸せを感じますか?

 

 

さて今回は、SHINOKENさんが開催してくれたワークショップについて。

 

テーマ:HAPPY WORKSHOP

今回のワークショップの目的は、「幸せになるために必要なことを知り、それを元に自分の幸せを探って行く」こと。

 

f:id:crossxroadBlog:20171011190109p:plain

 

 

SINOKENさんとは?| ABOUT SHINOKEN

f:id:crossxroadBlog:20171011185858j:plain

 

超有名企業で勤めていたSHINOKENさん (写真中央)。

 

ICカード乗車券のシステムや、ユ◯クロの海外進出を支援するシステムの開発に携わっていたとのこと。

 

やりがいのある仕事をする日々に、幸せを感じながら過ごしていたそうです。

 

しかし、前回のCROSS×ROADでの留学で様々なバックグラウンドを持った人たちや、色々な幸せの形に出逢ったことをきっかけに退職をし、新たな挑戦を始めたのだそうです。

 

 

「幸せ」について

まず初めに、SHINOKENさんが次の動画を見せてくれました。

 


メキシコ漁師とMBAコンサルタント(旅行者)の話

 

そして、「幸せ」について調べた結果を教えてくれました。

 

内閣府が出しているデータでは、日本人の生活満足度は上昇しておらず、GDPや収入の増加に反比例して、生活満足度が低下しているのだとか。

 

また、ハーバード大学の成人発達研究では、75年以上にわたり2つのグループにおける心と体の健康を追跡しており、Waldinger教授は以下のように述べているとのこと。

 

 

「大切なのは、友人の数ではありません。交際相手がいるかどうかでもありません。身近にいる人たちとの人間関係の質なのです。」

 

 

(ちなみに、この研究はボストンで育った貧しい男性とハーバード大学を卒業した男性を対象にしており、被験者が724人の大規模な研究です!)

 

 

幸せのメカニズム

SHINOKENさんは、日本でも「幸せ」について研究している方がいることを教えてくれました。

 

慶應義塾大学の前野隆司教授 (前野 隆司 | SDM|慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科)は、「幸福学」を提唱しており、「幸せ」に相関するものについて以下のように述べているとのこと。

 

1. 長続きしないもの
  • 地位材 = 他人と比べられる材
  • 金、モノ、社会的地位
2. 長続きするもの
  • 外的要因 (安全など)
  • 身体的要因 (健康)
  • 心的要因

 

そして、心的要因には次の4つの因子があるそうです。

 

  • 自己実現と成長(やってみよう)
  • つながりと感謝(ありがとう)
  • 前向きと楽観(なんとかなる)
  • 独立とマイペース(あなたらしく)

 

この4つの「心的要因」について、みんなで話し合いました!

 

 

グループワーク

f:id:crossxroadBlog:20171011203509j:plain

 

以下の3つのワークをし、少人数のグループに分かれてディスカッションしました。

 

Work1: 夢や目標を3つ書いてみよう

未来に成し遂げたい夢や目標を、身近なものから壮大なものまで書きました。

 

Work2: 感謝していることを3つ書いてみよう

家族、知人、世界、地球など、身近な人から壮大な物事まで。それぞれに対して感謝している点を自由に書き出しました。

 

Work3: 自己受容できていない点をポジティブな文面で書いてみよう

まずは、自己受容できている点(自分の好きな点)と自己受容できていない点(自分の好きではない点)を書き出しました。そして、自己受容でいていない点を反転させて、「なんとかなる(する)、気にしない、〇〇のように改善する」といった前向きな文章に書き直しました。

 

 

「寸劇」でグループ発表!

グループワークをした後、3つのグループに分かれました。

 

そして、各グループで伝えたいテーマを決め、台本を作り、寸劇を発表しました!

 

ちなみに寸劇は、

 

  • 役を演じることで新しい自分に会える(やってみよう因子)
  • グループで作り上げる(ありがとう因子)
  • 前向きじゃないと演技なんてできない(なんとかなる因子)
  • 人の目を気にしない(あなたらしく因子)

 

という、幸せの4因子を全て満たすハッピーな活動なのです!

 

 

みんな慣れない演劇をすることに最初はざわついていましたが、すぐに笑い声も聞こえてきて、楽しみながら台本の作成に取り掛かっていました!

 

そして、各グループが寸劇で伝えてくれたテーマはこちら。

 

  • 成功するには、ポジティブであることや運が大事。
  • 小さいことに幸せを感じれることが大事。
  • 生きていて、帰る場所があるだけで幸せ。

 

短い準備時間でしたが、どのグループもクオリティの高い寸劇を披露してくれました!

 

みんなのぎこちない演技が、本当にいい味を出していました!笑

 

 

最後に、、、

SHINOKENさん!ワークショップを開催してくれて、ありがとう!

 

なかなか寸劇をやる機会なんてないので、とても楽しかったです!

 

また、幸せについて語りましょう!

 

 

音楽好きにはここ!Park social IT PARK

どーもインターンのMAOです。

 

 

f:id:crossxroadBlog:20171005184303j:plain

一昨日8ヶ月間クロスロードでインターンとして共に過ごして来たゆりあが旅立ちました。たくさんのグルメ情報、スイーツ情報、そして「ゆりゃ飲みたーい!」(※酔うとゆりあ→ゆりゃになります)が聞けなくなると、少し寂しくはなりますが、またお互いに成長した姿が見れる日が来るのを皆楽しみにしています。

そして最後にフィリピンカルチャーについてブログも書いてくれているのでCheckしてみてください。

 

 

THE PARK SOCIAL

 

f:id:crossxroadBlog:20170905152858j:plain

最近出来たアヤラモールにある僕が前に紹介したTHE SOCISALの系列店です。

数多くの大型モニターを設置している、ウェスタンスタイルのスポーツバーです。

 

 

場所はIT PARKのSUGBO MERCADO等がある一角にあります。

最近はここ2.3ヶ月でもかなりの勢いで色々なお店ができています。

 

 

 

電話番号:(032) 406 4944

営業時間:24Hours

住所:Lot 1-A-2 Cebu IT Park, Apas, Cebu City, 6000 Cebu

Wi-Fi:無

 

 

外観・内観

f:id:crossxroadBlog:20170905152843j:plain

オープン型になっていて、音楽が周りに響きわたっていました。

2階にはビリヤードスペースがあります。

 

f:id:crossxroadBlog:20170905152841j:plain

1階にはこのようなドラム缶タイプの少人数向けのテーブルと、大人数向けの大テーブルがあります。2階にはソファ席もありました。

f:id:crossxroadBlog:20170905164037j:plain

対面式のカウンター席もあります。

 

 

 

f:id:crossxroadBlog:20170905152836j:plain

エアコンはありませんが、この扇風機が活躍しております。

最初は台風かと思うくらい強かったのですが、これが時間が経つにつれて最高の時間の手助けをしてくれます。

 

f:id:crossxroadBlog:20170905152658j:plain

ライブステージもあり、かなり盛り上がっていました。

彼らが最高の時間を演出してくれます。

僕が訪れたのは土曜日の夜でした。

f:id:crossxroadBlog:20170905152832j:plain

f:id:crossxroadBlog:20170905152756j:plain

メニューはウェスタンスタイルのグリルなどを中心に多くのおつまみがあります。

アルコールの種類もかなり豊富です。

コストはTHE SOCIALに比べるとチープです。

 

f:id:crossxroadBlog:20170905152931j:plain

ナチョス  325ペソ

 

サワークリームがのった爽やかなナチョスです。チーズがのるようなヘビーなタイプが好きな方はオススメしませんが、トマトも別皿に添えられていてFRESHなナチョスでした!

個人的にはこれをこのお店の雰囲気で食べるためだけにでも行きたい一品です。

f:id:crossxroadBlog:20170905152933j:plain

ポークリブ(ハーフ) 350ペソ

 

僕はライスをオーダーしたので2カップ分のライスがありますが、メニューHOUSE SIDESの欄から一つサイドメニューを選択することが出来ます。

そしてオーダー時6種類のソースの中から選択出来ます。

僕はM.Jordan好きということでノースカロライナをチョイスしました。

食べた覚えのある味で甘辛いソースでした。

ポークリブの下にはトーストが一枚敷いてあり、これもソースとの相性抜群でした!

 

 

f:id:crossxroadBlog:20170905152911j:plain

チュロス 150ペソ

 

こちらは皆におなじみのチュロスでチョコレートディップがついてきます。

 

まとめ

f:id:crossxroadBlog:20170905164057j:plain

皆に勧めたいレストランですが、スポーツや音楽が好きな方にはかなりオススメです。正直、最初は音楽でトークが出来ないなんて感じていたのですが、僕らは知らぬ間に彼らに目を奪われていました。

ビール、ナチョス、最高の音楽にさっきの強めの扇風機が最高のCHILLタイムを演出してくれます。

そして皆で歌って店員さんも踊っていて、皆が一つになって一体感を感じました。

個人的に一番好きなスポットです!

私が勝手にまとめた6つのフィリピン文化!

こんにちは、インターンのゆりあです!

 

私ごとではありますが、この度8ヶ月間のインターン業を経て、卒業することになりました!

今までクロスロードやセブで出逢ってくれたみなさん、助けてくれたみなさん、本当にありがとうございました。

 

人生、毎日毎日、豊かになる一方だなと心から感じています。本当に一言では表せないほどの面白い経験をさせてもらいました。

 

ぜひこれからも、日本や世界のどこかで、まだまだ経験の浅いゆりあを温かい目で見守ってほしいです。寂しいので、忘れないでください。

 

私、クロスロードもフィリピンも本当に大好きです!

なので今回は、8ヶ月間住んでいて「これぞフィリピン(セブ)だな〜」と思う好きなところを紹介したいと思います。

 

完全なる主観です。

さっきも言ったように、さっそく温かい目で見守ってください。

 

そして、こんな魔法の言葉も覚えて帰ってください。

「フィリピンだから。」

 

 

1. 「とりあえずビール」は諦めて。

フィリピンでは、水であれジュースであれお酒であれ、食事と一緒に食べ飲むのが文化です。

 

日本では、アルコール飲料でなくても、ドリンクが最初に来るのが当たり前ですよね。

アルコールともなると、まずは乾杯してから、喉にビールを通して、食事をする。たまらないですよね!

 

ですが。

 

フィリピンではドリンクが来るのが異様に遅い。

もはや食事が先に来ることもしばしば・・・

 

f:id:crossxroadBlog:20170903174515j:plain

 

たとえビールの瓶の蓋を空けるだけで提供できるものでさえ、この状態で待つこと20分・・・なんてこともよくあります。

 

でもそれは仕方ない!

 

だってビールを先に喉に通す文化なんてないんです。

日本並みの速さでドリンクが来た時には、その店を崇めてください。感動です。

 

もはや、のんびりしてるフィリピン人の店員さんを見てるのも、愛おしいです。

 

どうしてもすぐに飲みたい!喉が渇いてもう無理!!というときは、一言「すぐ持って来て」と言えばきちんと持って来てくれます。

 

きっと逆に、フィリピン人の人が日本に来た時には、食べ物は一緒に来ないの?となることでしょう。

 

2. ベジファーストは夢の夢。

ドリンクのように、出て来る料理にも順番なんてありません!

前菜?サラダ?優しいスープ?そしてメインへ・・・?

 

いいえ、できた順番です。

 

f:id:crossxroadBlog:20170829181856j:plain

 

もはや同時に全てが揃うことの方が、私の統計では多いです。

 

フィリピンでは、食べるときは、食べる風習なのかも・・・?

 

3. 先にテキーラショットをぶちこむ!

何度も言いますが、私たちのたまらない「とりあえずビール」は全く通用しません。

 

フィリピン人は、むしろ最初にテキーラショットを2・3杯最初に飲んで先に酔っちゃうんです。

 

そして、フィリピン人の先生曰く、ビールウォッシャー。つまり、それまでに飲んだアルコールを流すための水のようなものなんだそう・・・

  

f:id:crossxroadBlog:20171002163004j:plain

 

まあ、そうは言いつつも、大量のビールを飲んでちゃんと酔っ払っているフィリピン人を見てるのは可愛いですけどね!

 

ぜひフィリピン人の人と飲みに行くことがあれば、負けじとみなさん頑張ってください♪

 

4. 激安アトラクション感覚な「トライシクル」

 

メイン通りから外れると、よくトライシクルという乗り物が走っています。

クロスロードのあるビレッジの目の前の道路では、このトライシクルがメイン通りに出るまでの主要な交通手段となっています。

 

f:id:crossxroadBlog:20171002163559p:plain

(撮影地:カモテス諸島)

 

このように、他の島などに行っても、たくさんのトライシクルを見かけることになると思います。

 

このバイクにただ人を乗せるカゴを大胆にもくっつけたという斬新かつ画期的な乗り物は、ダイレクトに地や風を感じることができて、アトラクションの様な錯覚に陥る楽しさがあります。(個人の感想です。)

 

基本的にルートが決まっており、7〜8ペソ(20円弱)でアトラクションが経験できるという破格のお値段です。

 

5. 乗りこなすと便利な「ジプニー」

もう一つの格安主要交通手段、「ジプニー」。

小型の乗り合いバスで、トライシクルとは別でメイン通りを中心に走っています。

 

ですが値段は同じく破格の初乗り7ペソ。距離が遠い場合は少しだけ値段があがりますが、それでも8〜15ペソといったところです。

 

f:id:crossxroadBlog:20171002164843j:plain

 

クロスロードでは、チームビルディングを開催する際に、移動手段として貸切でチャーターしたりとお世話になったこともあります。

 

無理やり詰め合って乗ったり、乗客同士手渡しで運賃を支払ったり、天井にある手すりをコインで叩いて降りる合図をしたり、客呼びでよくわからない言葉を叫んでたりと・・・この私的に良い意味でチープで温かい感じがたまらなく大好きです。

 

ジプニーの外装も一つ一つユニークで、また違う楽しみ方ができます♪

 

6. 笑顔の絶えないフィリピン人

スマイルにスマイルで返してくれる。

 

「Hello」が絶えない道。

 

f:id:crossxroadBlog:20171003131944j:plain

 

フィリピンは幸福度世界2位の素敵な国です。

人と人の繋がりを大切にします。家族との絆がとても強いです。

 

私が日本に帰って、一番この素敵な笑顔が恋しくなると思います。

 

ぜひ、地元の人たちと、笑顔というツールを使って幸せを分け合ってください♪

 

 

 

そして最後に、クロスロードも笑顔が絶えません。

8ヶ月間本当にありがとうございました!

 

My motto; It's not the length of time, but it's the depth of life.

 

f:id:crossxroadBlog:20171002174657j:plain

 

懐かしい写真で、さようなら〜!!!またどこかでお逢いしましょう!

第34回 CxRワークショップ「THE WAY」

こんにちは!インターンのけいたろうです!

 

突然ですが皆さんは、「WAY」と聞いたら何を想像しますか?

 

ちなみに、Cambridge Dictionaryで「WAY」の意味を調べてみると、名詞で以下のように記されていました。

 

WAY noun 

ROUTE (道) / DISTANCE (距離) / POSSIBILITY (可能性) / MANNER (態度) /

METHOD (方法) / FREE SPACE (自由な空間) / WANT (欲しいもの) / CONDITION (調子)

 

http://dictionary.cambridge.org/dictionary/english/way

 

今回の内容は、様々な「WAY」について語り、みんなの英語学習に対するモチベーションをぶち上げてくれた男 KOJIくんのワークショップについて。

 

 

「成長を感じられなくて、英語を勉強するのを諦めてしまった」

 

「自分の目標を達成したいけれど、なかなか続けられない」

 

 

そんな方に、ぜひ読んでもらいたい内容になっています!

 

また、前回のワークショップに続き、今回も旅と英語学習に興味のある方は必見です!

(ちなみに前回のワークショップはこちら。) 

crossxroad.hatenablog.com

 

 

 

テーマ: THE WAY

f:id:crossxroadBlog:20170928190349p:plain

 

 

KOJIくんとは? | ABOUT KOJI

f:id:crossxroadBlog:20170928190525j:plain

 (写真 左から2人目)

 

KOJIくんは約2年前にも来てくれているリピーターさん。

 

経歴を簡単に紹介するとこんな感じです。

 

  • 大学でクロマグロを研究
  • 水産市場で3年間勤務
  • CROSS×ROADに留学 (1回目)
  • 世界一周を1年半
  • ワーキングホリデイでオーストラリアに5ヶ月間滞在
  • CROSS×ROADに留学 (2回目)
  • 卒業後はマレーシアで転職活動予定

  

そして、彼が世界一周中に感動した景色がこちら。

 

エチオピアのダナキル火山

f:id:crossxroadBlog:20170928190608p:plain

 

アイスランドのオーロラ 

f:id:crossxroadBlog:20170928190646p:plain

 

この2つを実際に見たとき、本当に鳥肌が止まらなかったそうです。

 

しかし、あまり観光には興味がなくて、むしろ面白そうな経験がしたかった彼は、旅中に以下の体験をしたとのこと。

 

  • カンボジアで学校の先生
  • インドでのヴィパッサナー瞑想
  • ニュージーランドでファームステイ
  • スペインで巡礼

 

日本でのマグロの研究もですが、世界中で魅力的な経験を沢山しています!

 

 

 

スペイン | SPAIN

f:id:crossxroadBlog:20170928190814p:plain

 

スペインと言えば、サッカーやトマティーナ、サクラダファミリアが有名ですよね!

 

しかし、今回のワークショップでは「巡礼」という行事について説明してくれました。

 

 

スペインの巡礼とは?

巡礼のことをスペイン語では、「カミーノ・デ・サンティアゴ」と言い、「聖ヤコブへの道」という意味があります。

 

つまり、スペインの巡礼とは、

 

 

" エルサレム、ローマに並ぶキリストの三大聖地の一つである「サンティアゴ・デ・コンプステーラ」という街を目指して、キリスト教が歩くこと。"

 

 

この街には大聖堂があり、聖ヤコブ (キリストの弟子)の遺骸が眠ると言われるそうです。

 

ルートは複数あって、フランス人の道、北の道、ポルトガルの道などがあり、色々な場所から出発できるとのこと。

 

ちなみにKOJIくんは、サン・ジャン・ピエ・ド・ポーというフランスの街からムシアという海沿いの街まで、約1000 kmの道のりを40日間歩いたそうです。

 

1日に25 kmを、8時間かけて歩いたとのこと。

 

しかも、15 kgの荷物を背負って!

 

 

なぜ歩いたのか

日本で例えると、東京から北九州辺りまでの距離を歩いたKOJIくん。

 

なぜ、そんな長距離を歩くことにしたのか気になりますよね!?

 

その理由を教えてくれました。

 

 

・世界三大宗教の発祥地 イスラエルに行った時に、「宗教とは何か?」と思ったこと。

 

・映画「THE WAY ~星の旅人たち~」を見て、こんな旅の仕方があるんだなと思ったこと。

 

 

この2つがきっかけで、巡礼をすることにしたそうです。

 

 

巡礼の面白さ・醍醐味

巡礼中は、アルベルゲという巡礼者専用の格安の宿泊施設に泊まることができるそうです。

 

また、教会の屋根裏に泊まるときには、夜は皆んなで祈ったり、ご飯を作ったり、各国の歌を歌ったんだとか。

f:id:crossxroadBlog:20170928191046p:plain

 

しかも、スペインには、無料でワインが出てくる蛇口もあるそうです!

 

ぼくは、水筒を持参して訪れたいと思いました!笑

 

 

KOJIくんは巡礼中、イタリア語しか喋られないイタリア人と一緒に過ごしたり、韓国人グループにとても優しくしてもらったり、モロッコ出身でイスラム教の19歳の少年と出会ったそうです。

 

そのときのエピソードを話しながら、様々な人と出会えることが巡礼の醍醐味だと教えてくれました!

 

 

巡礼を通して学んだこと

KOJIくんが巡礼で学んだこと。それは以下の4点。

 

1. My value and way spread.

 (世界中の色々な人と話すことで、自分の世界・価値観・道が広がる)

 

 

2. Human relation is like a mirror.

 (人間関係は鏡みたいなもの)

 

 

3. Be able to fulfill myself by challenging something I want.

 (何かをチャレンジし、やり遂げることで自分を満たすことができる)

 

 

4. Could make it by walking one step at a time everyday.

 (一歩一歩、歩けばゴールは近づく)

 

 

 

英語学習について | LEARNING ENGLISH

f:id:crossxroadBlog:20170928191457p:plain

 

少しでも英語学習で悩んでいる人にとってのヒントやモチベーションになればと、KOJIくんがこの3ヶ月間の英語学習で「一歩一歩、歩けばゴールは近づく」ということを実際に証明したことを話してくれました。

 

1000時間

一般的に、英語を喋れるようになるには、1000〜2000時間の学習時間が必要だそうです。

 

1000時間を1年間で達成したければ約 2.7 h/day、半年ならば約 5.5 h/dayの時間を確保し、学習する必要があります。

 

KOJIくんはこの説明をした後に、こう続けました。 

 

だから開き直ってください。

 

1000時間以上勉強していなくて英語が喋られないと嘆いているならば、それは当たり前のことなので気にしないでください。

 

1000時間以上勉強したのにも関わらず、全然喋られない場合は、勉強法が悪いのか、もっと学習が必要ということなので、スタッフに相談したりネットなどで調べて下さい。

 

その中で、好きな勉強法を見つけることも重要なので、日々、自分自身にとってベストの勉強法を探し続けて下さい。

 

  

つまり、

 

「とりあえず1000時間勉強してみよう!英語はやればできるようになる!」

 

ということ。

 

 

1200時間

ちなみにKOJIくんは、ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在していた5ヶ月間、英語学習を2 h/dayで計300時間行なっていたそうです。

 

そして、CROSS×ROADの3ヶ月間では、授業時間も含めて10 h/dayで計900時間の英語学習をしていたのです。

 

 

300 h (in Australia) + 900 h (in CROSS×ROAD) = 1200 h

 

 

計1200時間の英語学習をして、ようやく先生の言うことはほぼ100%聞き取れるようになり、自分の言いたいことも70%程度は話せるように成長したと実感したとのこと。

 

しかも、彼は今回の3ヶ月間の留学で約300点のスコアアップに成功しました!

 

f:id:crossxroadBlog:20170928191301p:plain

 

そして、目標を見事に達成しました!

(TOEIC 800点は、海外で働いても問題ないビジネスクラスだと言われています。)

 

 

  

質疑応答 | Q & A

Question:次のゴールは何?

Answer:大好き、夢中になれる仕事を見つけること。毎朝の瞑想でも唱えている。

 

Question:スペイン巡礼はどれくらい費用がかかるの?

Answer:切り詰めれば、10万円くらい。

 

Question:どんな風に勉強しているの?

Answer:自分を追いつめすぎない。目標を明確にする。TOEICでの数値化はおすすめ。

 

Question:巡礼中は、お風呂とか入れるの?

Answer:入れる。巡礼宿で格安に泊まることができる。

 

Question:元からブレずに一つのことを続けることができる人だったの?

Answer:ブレることが多かった。でも旅やスペイン巡礼をして変化があった。ブレずに続けることができるようになったし、今回の英語学習への取り組み、成果は自信になった。

 

 

 

まとめ | SUMMARY

KOJIくんがスペインの巡礼と英語学習で学び、実行したこと。

 

 

" To make an effort everyday is important to achieve goals. "

" 毎日の積み重ねがゴールに繋がる "

 

 

ゴールに向けて目標を立て、毎日続ける。

 

ただ、それだけ。

 

 

彼は、「なぜそんなに勉強するのか?」という質問をされたとき、

 

「英語は勉強すればできるようになるし、喋れるようになるから」

 

と答えてました。

 

 

どんなことでも毎日継続して行うのは、簡単そうでなかなか出来ないですよね。

 

でも実際に継続して実行し、結果も残したKOJIくんは本当にかっこいいなと思いました!

 

そして、見習いたいと強く思いました!

 

 

また、最後にこんな言葉を伝えてくれました。

 

「自分の人生だから、自分だけは味方でいる、自分だけは信じてあげて下さい」

 

f:id:crossxroadBlog:20170928191645p:plain 

 

 

最後に、、、

KOJIくん、激アツなワークショップを開催してくれて有難う!

 

ぼくも含め、沢山の生徒さんの英語学習へのモチベーションが上がったよ!

 

また、海外就職の話も聞かせてね!

 

 

 

ブログを最後まで読んでくれた皆さんへ

 

英語は、

 

「やればできるようになる」

 

と感じてもらえましたか?

 

 

" A journey of a thousand miles begins with a single step. "

" 千里の道も一歩から "

 

なりたい自分になるために、夢を叶えるために、まずは一歩踏み出しましょう!

 

一歩踏み出したら、あとは続けるだけです! 

 

そして、設定した目標を達成しましょう!

 

 

セブでローカルフードを食べるならSinangag

どーもインターンのMAOです。最近好きな曲を歌うのにハマっています。

ジムに行く途中にビートに合わせて、僕のテンションも上がっていきます。

これが意外と英語の発音とリンキングの自習のような感じになっていてかなり調子良いです!

そして音楽といえばやっぱりフィリピン人。

 

f:id:crossxroadBlog:20170905151859j:plain

先生たちも歌うのが大好きで、日常茶飯事歌っております。

この前はランチタイム時にディズニーソングを歌っていました。

授業でも僕が提案して一緒に音楽を使って授業をしました。例えば、リリックの意味を調べたり、発音の練習をしたり、そのトピックについての意見交換もしあいました。

そんないつも明るく授業を楽しい雰囲気にしてくれる先生たちです。

 

今回はセブのローカルレストランを紹介して行きたいと思います。

 

SINANGAG STATION

f:id:crossxroadBlog:20170830095249j:plain

 

営業時間: 24Hours

住所:Banilad Gov. M. Cuenco Avenue

駐車場:無

 Wi-Fi:有

 

サンカルロス大学の前に二店舗あります。ガソリンスタンド(シェル)の隣とBBQ BOSSの近くのJollibee隣にあります。

(今回僕が訪れたのはシェル隣の店舗ですがGoogle mapで表示されない都合上Jollibee隣の店舗をMapに記載します)

 

Sinangangはロケーションもあると思いますが、多くの学生達に人気で学校が終わると皆でここで食事を楽しんだりしています。

大人から子供まで多くの現地の人が食べに行く、リアルなローカルレストランです。

 

店内・外装

f:id:crossxroadBlog:20170830095116j:plain

広くはありませんが、この感じが良い意味で落ち着かせてくれます。

店員さんとの距離も自然と近くなれますね。

 

f:id:crossxroadBlog:20170830095115j:plain

外にも食事スペースがあります。

料理写真が壁についているので、どんな料理かもイメージしやすいです。

 

メニュー

f:id:crossxroadBlog:20170830095326j:plain

f:id:crossxroadBlog:20170830095357j:plain

1枚目のメニューは10AM-7PM限定。

価格はもちろんリーズナブル。基本的には肉や魚が中心になります。

そしてこのメニューは見てわかる通りSilogばかりなのです。

 

 

Silogとは?

Silogというのはガーリックライス&目玉焼き+おかず一品の日本の定食のようなものです。

基本的に

Bacon+SilogでBaconsilog

のような最初におかずの名前が来るようになっています。

 

 

 

フード

f:id:crossxroadBlog:20170830095158j:plain

 まず最初についてくるこのスープ。中華風のテイストでSilogとの相性も良いです。

 

f:id:crossxroadBlog:20170830095325j:plain

Tapsilog 70ペソ

 

タパを使用したSilogの中では1番人気のメニュー!

基本的にはビーフを使用したビーフタパが多いのですが、豚肉、鶏肉、魚を使用したものもあります。

タレも最高で個人的にもます食べて欲しい一品です!

 

f:id:crossxroadBlog:20170830095209j:plain

Sisigsilog 65ペソ

 

フィリピン料理の定番メニューでもあるシシグのSilogです。フィリピンに来たら食べておきたいSisigを是非Silogスタイルでどうでしょうか。

カラマンシー多めで食べるのがオススメです。

 

f:id:crossxroadBlog:20170830095030j:plain

Adobosilog 65ペソ

 

アドボは煮込み料理の名称で、これは煮込んだ牛肉と玉子が入った一品です。

Humba(角煮)程脂身はなく、食感は少しハードかなという印象です。

ご飯も自然と進んでしまう一品です。

 

f:id:crossxroadBlog:20170830095151j:plain

Lapaz Batchoy 50ペソ

 

フィリピンヌードルです。これはバチョイと呼ばれていて他にもロミという太めの麺と野菜が入ったヌードルもあります。

僕のスタイルはSIlogとこれを必ず頼みます。

 

まとめ

フィリピンに来たらカルチャーの一つと言ってもいいSilog!是非一度トライして見てください。たくさんのブランチがあり、他にも同じようなお店のSilog専門店があります。

ローカルな雰囲気を感じたい方特にオススメです。

是非自分お気に入りのお店を見つけてみてください!